PR

IoT/組み込み機器向けマルウェア対策「WhiteSec」のLinux版を販売開始

2018年5月30日(水)

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は 5月29日、IoT/組み込み機器向けマルウェア対策ソフトウェア「WhiteSec」のLinux版を販売開始すると発表した。

 「WhiteSec」は、同社のセキュアOS製品「FUJITSU Security Solution SHieldWARE」のサーバ要塞化技術を応用し、ゼロデイ攻撃など未知のマルウェアを防御する搭載したIoT/組み込み機器向けのマルウェア対策ソフトウェア。今回、IoT/組み込み機器のOSとして採用率の高いLinux版を提供することで、防犯カメラ、医療機器。検査装置、ロボット、ゲーム機など広範囲にわたるIoT/組み込み機器に導入できるようになった。

 「WhiteSec」Linux版は、必要な機能に絞り再設計したコンパクトなモジュールサイズや、CPU負荷の少ない処理方式によって、ハードウェアリソースの少ないLinux搭載IoT/組み込み機器の性能への影響を最小限に抑えている。同製品はホワイトリスト実行制御方式を採用しており、ホワイトリストに登録されたプログラムのみを実行するため、未知のマルウェアの活動もブロックできる。

 販売価格は個別見積り。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック