PR

NTTデータ、金融勘定系システムのオープン基盤提供に向け本格始動

2018年7月24日(火)

NTTデータは7月20日、金融勘定系システムのオープン基盤提供に向け本格始動すると発表した。

同社は、メインフレーム上で稼働している金融勘定系システムの提供基盤ラインナップ拡充に向けて、2017年度よりオープン基盤環境において「BeSTA」を使用した性能面などの実現可能性確認を含む主要課題に関する技術検証を完了したことを受け、金融勘定系システムのオープン基盤への対応を本格的に始動するという。オープン基盤の追加により、金融機関は自行の戦略に最適な基盤を選択することが可能になるという。また、将来的にはクラウド利用含め、さらなる拡充を今後も目指すとしている。

特徴としては、
〇メインフレーム製品機能を最大限実装し、移行性を重視した基盤と、既存オープン製品やオープンソースを活用し、最新技術への追随を可能とするとともに、クラウド基盤も含めた幅広いアーキテクチャへの適用性を重視した基盤を準備
〇現在メインフレーム上で動作しているアプリケーションを、原則変更せず活用することにより、低コストで実現する
〇メインフレームと同等の高信頼性を確保したオープン基盤を採用し、ロードシェア構成等による高可用性も確保する
が挙げられている。

今後は、本取組内容を踏まえ、金融機関システムのロードマップを整理するとともに、金融機関にとって最適な基盤を提案する。また、金融機関のみならず、信頼性を重視しメインフレームを活用しているユーザに対しても提案できることを目指す。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック