PR

CERT、Bluetoothの実装に存在する脆弱性について注意喚起

2018年7月28日(土)

CERTは7月23日(現地時間)、無線通信規格Bluetoothの実装に関する脆弱性について注意喚起を発表した。

 この脆弱性は、Bluetoothを利用してデバイスをペアリングする際の通信暗号化で利用される「楕円曲線ディフィーヘルマン(ECDH)鍵交換」の実装において、ファームウェアやドライバに検証が不完全な問題が存在するという。この脆弱性を悪用されると、中間者攻撃によって暗号鍵を不正に奪取され、デバイスメッセージの傍受、改ざんなどが行われる危険があるという。

 今回の脆弱性の影響は、Apple、Broadcom、Intel、Qualcommの製品に影響のあるものが確認されているという。Appleは「MacOS High Sierra 10.13.6」においてこの問題への対処が行われている。AndroidやLinuxへの影響は不明で、MicrosoftはWindowsへの影響はないとしている。また、ファームウェアについては、メーカー各社から数週間程度でアップデートが提供されることが見込まれる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

CERT、Bluetoothの実装に存在する脆弱性について注意喚起 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。