PR

「LibreOffice 6.1」リリース

2018年8月12日(日)

The Document Foundationは8月8日(現地時間)、「LibreOffice 6.1.0」をリリースした。

「The Document Foundation」は、2010年9月にOpenOffice.orgの開発者らがOracleから独立して立ち上げた、オフィススィートの開発に当たっているコミュニティ。SUSE Linux、Red Hat、UbuntuなどのLinuxディストリビューションの支援を受けており、「OpenOffice.org」から分岐したLibreOfficeの開発に当たる。

「LibreOffice 6.1.0」は、LibreOfficeの「最新版」リリース。なお、LibreOfficeは現在「6.0」系列が「安定版」としてリリースされており、企業などでの利用は「安定版」の利用が推奨されている。「LibreOffice 6.1.0」では、「Writer」と「Calc」を重点として数多くの機能追加が行われている。「Writer」では、文書に署名を挿入する機能が採用され、デジタル証明書も追加できるようになっている。機能強化のほかにもパフォーマンス向上など、数多くの機能変更が加わっている。

「LibreOffice」は、Windows/Linux/Mac OS Xに対応しており、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック