PR

OpenSSL Project、「OpenSSL 1.1.1」をリリース

2018年9月13日(木)

OpenSSL Projectは9月11日(現地時間)、SSL/TLSプロトコルのオープンソースライブラリ「OpenSSL 1.1.1」をリリースした。

OpenSSLは、「SSLeay」ライブラリをベースとした暗号化ライブラリ。1998年から開発が始まり、足かけ12年の期間を経て「バージョン1.0」がリリースされた。「OpenSSL 1.1.1」はLTS版としてリリースされ、最低でも5年間のサポートが提供される。「OpenSSL 1.1.1」では、TLS v1.3が新たにサポートされたほか、新しい暗号化アルゴリズム(SHA3、SHA512/224、SHA512/256、EdDSA、X448など)への対応など、複数の変更が加わっている。

OpenSSLはApache License下で配布されており、Webサイトから無償でダウンロード・入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Change Log

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック