PR

TIOBE、プログラミング言語の検索数を集計した「TIOBE Programming Community Index」(2018年9月版)を発表、Pythonが3位に

2018年9月15日(土)

TIOBE Softwareは、プログラミング言語の検索数を集計した「TIOBE Programming Community Index」の2018年9月版を発表した。

2018年9月に、検索エンジンで検索された上位10個のプログラミング言語は以下の通り。
1位 Java
2位 C
3位 Python
4位 C++
5位 Visual Basic .NET
6位 C#
7位 PHP
8位 JavaScript
9位 SQL
10位 Objective-C
(詳細はWebサイト参照)

同社は、今回のIndexでは初めてPythonがトップ3位入りした。Pythonは少しずつだが着実にインデックス値を増やしており、長期的視点からも増加傾向にある。Pythonはビッグデータ処理や分析、組み込みなどの分野において採用が進んでいることから、シェアを伸ばしているものと考えられる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
TIOBE Index

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック