PR

カスペルスキー、法人向けハイブリッドクラウド向けセキュリティ製品「Kaspersky Hybrid Cloud Security」を販売開始

2018年10月6日(土)

カスペルスキーは10月5日、法人向けハイブリッドクラウド向けセキュリティ製品「Kaspersky Hybrid Cloud Security」を販売開始した。

「Kaspersky Hybrid Cloud Security」は、パブリッククラウド、プライベートクラウドやオンプレミスを組み合わせたハイブリッドクラウド環境全体を一括して可視化し、透過的かつ効率的に保護・管理するための製品。従来提供してきた仮想インフラストラクチャ用セキュリティ製品をバージョンアップし、既存のWindowsサーバ向け、Linuxサーバ向けセキュリティ製品を加え、さらにAWSおよびAzureのAPIを使用することで、ハイブリッドクラウド環境のセキュリティを単一のコンソールで管理することが可能になった。

「Kaspersky Hybrid Cloud Security」は、ハイブリッドクラウド環境におけるシームレスな管理を実現。パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミス上の仮想/物理マシンのセキュリティに関する設定、タスクやステータスを、統合的に単一コンソール「Kaspersky Security Center」で管理することが可能。また、次世代テクノロジーによるワークロードの保護を実現。機械学習を組み込んだ多層型技術と、Kaspersky Security Networkによるクラウドベースのインテリジェンスによって、新しい脅威を迅速に特定しワークロードを強固に保護する。

ライセンス価例は、Standard デスクトップVDI72,000円(単価 7,200円 x 10ライセンス)、Enterpriseが1サーバ60,000円などとなっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック