PR

Apache Software Foundation、バージョン管理システム「Apache Subversion 1.11」をリリース

2018年11月7日(水)

Apache Software Foundation(ASF)は10月30日(現地時間)、バージョン管理システム「Apache Subversion 1.11」をリリースした。

Apache Subversionは、オープンソースの集中型バージョン管理システム。当初は他の企業が支援するオープンソースプロジェクトとして開発が進められたが、 2010年にASFのトッププロジェクトとなった。

「Apache Subversion 1.11」は、Apache Subversionのメジャーアップデートリリースとなる。実験的ではあるが、コミットされていない変更のスナップショットを保存する「コミットチェックポイント」機能が採用されたほか、シェルビングの改善など、複数の改善が含まれている。。

「Apache Subversion 1.11」は、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Apache subversion

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック