PR

ビルドツール「Gradle 5.0」リリース

2018年11月29日(木)

Gradle.orgは11月26日(現地時間)、オープンソースのビルドツール「Gradle 5.0」をリリースした。

Gradleは、Java向けのビルドツール「Ant」などの特徴を取り入れ、かつ、シンプルなビルドルールが記述できる「Groovy」「Kotlin」を同梱したソフトウェア。、Java、C++、Pythonなど、複数の言語をサポートしている。Groovyを利用することで、AntやMavenリポジトリとの互換性も保っている。

「Gradle 5.0」では、「Gradle Kotlin DSL」が正式版扱いとなり、実用的利用が可能になったほか、Java 11ランタイムのサポートの追加など、さまざまな機能改善が施されている。

「Gradle 5.0」は、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
リリースノート

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック