PR

プログラミング言語「Rust 1.31」リリース、「Rust 2018」最初のバージョンに

2018年12月10日(月)

Mozillaは12月6日(現地時間)、プログラミング言語Rustの最新版、「Rust 1.31」をリリースした。

Rustは、並列計算・関数型かつマルチパラダイムのプログラミング言語。C/C++ライクな文法を持つ。純関数型、並列計算モデル、手続き型、オブジェクト指向をサポートしており、安全性、速度、並列性にフォーカスしている。

「Rust 1.31」は、「Rust 2018」の最初のバージョンとしてリリースされている。従来のリリースは「Rust 2015」となっており、「Rust 2018」では後方互換性がない。ただし「Rust 2015」で書かれたコードは「Rust 2018」でもコンパイルできる。「Rust 1.31」では、non-lexical lifetimes(NLL)が導入されたほか、モジュールやCargoの強化など、多数の変更が加わっている、

対応プラットフォームは、Windows、Linux、Mac OS X、FreeBSD。ライセンスはMITライセンス。「Rust 1.31」は、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
rust-lang.org

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック