PR

キヤノンITS、汎用データフォーマット変換ソフト「EDI-Master TRAN for ANYs」の新版を発売開始、Linux環境におけるフォーマット変換に対応

2019年1月12日(土)

 キヤノンITソリューションズは1月7日、EDIと自社システム間でのデータ連携などに利用できる、汎用データフォーマット変換ソフトウェア「EDI-Master TRAN for ANYs Ver4.2」を発売した。

 2024年のINSネットデジタル通信モード提供終了に伴い、電話回線を使った従来型のEDIを利用している企業は、インターネットEDIへの移行が必要となる。従来型EDIでは固定長フォーマットが中心だったのに対し、インターネットEDIでは、XMLやCSVなど固定長に変わるフォーマットの採用が増えている。このため、従来型の社内システムデータと、インターネットEDIデータを相互変換するためのシステムが必要となっている。

 「EDI-Master TRAN for ANYs Ver4.2」では、これまで未対応であったLinux環境におけるフォーマット変換への対応を実現した。Linux環境(Red Hat Enterprise Linux)に対応することで、UNIXからLinuxへのマイグレーション対応や、堅牢なシステム構築、クラウド環境における稼働など、より幅広いニーズに応えることが可能となる。

標準価格はLinux版が600,000円、Windows版が300,000円(いずれも税別)となる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック