PR

Androidアプリの統合開発環境「Android Studio 3.3」リリース

2019年1月17日(木)

Googleは1月14日(現地時間)、Androidアプリ統合開発環境「Android Studio 3.3」をリリースした。

「Android Studio」は、Java開発環境「IntelliJ IDEA」のCommunity Editionをベースとして構築されているAndroidアプリ統合開発環境。Androidのエミュレーター、コードのエディタ、デバッガ、API、コードテンプレートのインポート機能などを備えており、Androidアプリの開発に必要な機能が揃っている。

「Android Studio 3.3」では、「Navigation Editor」が正式扱いとなったほか、新しいコードリーダ「Clang-Tidy」をサポートするなど、複数の機能改善が施されている。

「Android Studio 3.3」はWindows/Mac/Linuxで動作し、各版がWebサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Android Studio
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

Androidアプリの統合開発環境「Android Studio 3.3」リリース | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。