PR

MariaDB Foundation、OLAPとOLTP双方に対応した「MariaDB Platform X3」とフルマネージサービス「MariaDB Platform Managed Service」を発表

2019年1月18日(金)

MariaDB Foundationは1月16日、オープンソースの「MariaDB Platform X3」と、フルマネージサービス「MariaDB Platform Managed Service」を発表した。

 MariaDBは、MySQL派生として開発されたオープンソースのデータベース。今回発表された「MariaDB Platform X3」は、オンライントランザクション処理(OLTP)に特化した「MariaDB TX」と、オンライントランザクション処理(OLAP)に特化した「MariaDB AX」の機能を1つに統合したもの。1つのプロダクトでOLTPとOLAPの双方に対応している点が最大の特徴となる。
 
 同時に発表された「MariaDB Platform Managed Service」は、24時間体制でMariaDB Foundationが提供するマネージサービス。データベースのバックアップ、パッチの適用、アップグレード、監視、障害時のフェイルオーバー・復旧、スキーマの変更、クエリの最適化など幅広いサービスを提供する。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
MariaDB

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

MariaDB Foundation、OLAPとOLTP双方に対応した「MariaDB Platform X3」とフルマネージサービス「MariaDB Platform Managed Service」を発表 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。