PR

Recorded Future、2019年のランサムウェアの動向予測を発表

2019年2月23日(土)

Recorded Futureは2月13日(現地時間)、ランサムウェアの動向についての2019年の予測を発表した。

Recorded Futureの予測によると、ランサムウェアは2019年も引き続きサイバー攻撃の手段として使われるものの、かつて経験したような大規模な流行にはならないと予測している。

予測の骨子としては、
〇ランサムウェアの感染の試行は多くが成功しない
〇ランサムウェアを悪用する企みはオープンなRDPサーバが標的となる
〇「GandCrab」は以上2つの例外であり、感染が広がり続ける

「GandCrab」は他のランサムウェアとは別の、独自の攻撃パターンにより、また攻撃手法を微妙に変え、感染力を増やしつづけると予想される。ランサムウェア一般では過去ほどの流行は考えにくいが依然として注意は必要であり、また「GandCrab」については特段の注意が必要としている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
記事本文

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック