PR

Facebook、抽象解釈ベースのコード解析ライブラリ「SPARTA」リリース

2019年2月24日(日)

 Facebookは2月20日(現地時間)、抽象解釈ベースのコード解析ライブラリ「SPARTA」をオープンソースとしてリリースした。

抽象解釈を土台とし、簡単に高度な解析を実行できるツールを目指すという。

 従来、抽象解釈ベースのツールの活用は高度な知識を必要とするため高い難度であったが、ソフトウェアコンポーネントはC++で構築され、抽象解釈の複雑な部分はカプセル化されており、抽象解釈の利用が簡単な操作でできるようになるという。

 「SPARTA」はGitHubに公開されている。「SPARTA」はMac OS XおよびLinuxで利用でき、「Boost 1.58以上」が必要となる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GitHub

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック