PR

伊藤忠テクノソリューションズ、Yahoo! JAPANのデータ分析基盤にオープンネットワーキングソリューションを提供

2019年5月3日(金)

伊藤忠テクノソリューションズは4月25日、Yahoo! Japanのデータ分析基盤に、ハードウェアとOSを状況に応じて組み合わせてネットワークを構築する「オープンネットワーキング・ソリューション」を提供したと発表した。2019年3月から新しいネットワークを使って分析基盤の運用を開始しているという。

「オープンネットワーキング」は、サーバのようにハードウェアとOSを状況に応じて組み合わせることで、特定メーカーの独自技術に依存することなく、柔軟にネットワークを構築する技術。今回LinuxをベースとしたネットワークOSを採用し、オープンソースソフトウェアの運用ツールを利用して、ネットワーク運用の効率化と自動化を図ることを可能にしたという。また、アメリカの大手OTT事業者が導入しているデータセンターネットワークの設計を採用することにより、ネットワーク帯域を有効活用するとともに拡張性の高いネットワークを実現した。

今回のオープンネットワーキング・ソリューションでは、ハードウェアにOCPの仕様に基づいたシャーシ型スイッチである「Backpack」と、Edgecore Networks社のボックス型スイッチである「AS5812-54T」を採用。OSにはLinuxベースのネットワークOS「Cumulus Linux」を採用した。ネットワークは、拡張性と可用性に優れたIP Closネットワークで構成され、その上で仮想的にレイヤ2通信を実現する技術「VXLAN」を採用している。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック