PR

Zorin Group、Linuxディストリビューション「Zorin OS 15」をリリース

2019年6月14日(金)

 Zorin Groupは6月5日、Linuxディストリビューション「Zorin OS 15」をリリースした。

 「Zorin OS」は、デスクトップ環境をWindowsやMac OS Xと似たものに簡単に変更できるLinuxディストリビューション。軽量、高速であり、セキュリティにも力を入れた、デスクトップ用途向けのディスとリビューションとなっている。 

 「Zorin OS 15」は、「Zorin OS 12」に続くメジャーリリースとなっている。カーネルには「Linux 4.18」が採用されており、Gnome Shell 3.30が搭載されている。「Zorin OS 15」では、Androidとの連携機能「Zorin Connect」が採用されている。この機能により、スマートフォンの通知をデスクトップに表示したり、デスクトップからSMSメッセージを送るといったことができる。その他、機能強化やパフォーマンスの改善、ルックアンドフィールの変更など、さまざまな変更が加わっている。

 「Zorin OS 15」は、Webサイトから入手できる。
 

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック