PR

ターミナルエミュレータ「Tera Term 4.103」リリース

2019年6月21日(金)

ターミナルエミュレータ「Tera Term」の最新版、「Tera Term 4.103」が6月15日、リリースされた。

Tera Term は、Windowsで動作する国産のターミナルエミュレータ。Telnet、SSH 1、SSH 2に対応しており、文字コードもUTF-8などが利用できる。同ソフトウェアは1994年に寺西高氏によって初版が公開され、その後オープンソース化され複数の開発者により開発・改良が進められている。

「Tera Term 4.103」では、高DPIサポートが試験的に追加されたほか、いくつかの挙動変更が施されている。また、バグフィクスも施されている。

「Tera Term 4.103」は、OSDNから無償でダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック