PR

Linuxディストリビューション「OpenMandriva Lx 4.0」リリース

2019年6月21日(金)

OpenMandriva Associationは6月16日(現地時間)、Linuxディストリビューション「OpenMandriva Lx 4.0」をリリースした。

 「OpenMandriva Lx(OMLx)」は、フランスのMandriva社が開発していたMandrake Linuxから派生したLinuxディストリビューション。現在ではOpenMandriva Associationが開発に当たっている。

 「OpenMandriva Lx 4.0」は、2016年8月の「3.0」リリース以来のメジャーアップデートリリースとなる。カーネルにLinux 5.1.9を採用し、デスクトップ環境は「KDE Plasma 5.15.5」が採用された。OpenMandriva Lxでは、KDEデスクトップ環境に合わせた最適化が複数施されている。その他にもパッケージマネージャが「DNF」「RPM v4」に変更されるなど、数多くの変更が加わっている。ハードウェア面ではarmv7hnlに対応したほか、AMDプロセッサ向けのディストリビューションも公開されている。

 「OpenMandriva Lx 4.0」は、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック