PR

NTTコミュニケーションズ、データ利活用に必要な大容量データをセキュアに保管できる「Enterprise Cloud Wasabiオブジェクトストレージ」を提供

2019年10月3日(木)

NTTコミュニケーションズは9月30日、米Wasabi Technologiesとの協業によって、「Enterprise Cloud Wasabiオブジェクトストレージ」を10月1日から提供開始すると発表した。同社はデータによる企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に必要なすべての機能をワンストップで提供する「Smart Data Platform」を中核として、データ利活用ビジネスを推進している。

「Enterprise Cloud Wasabiオブジェクトストレージ」は、99.999999999%の高い堅牢性に加え、API連携により、Amazon S3と同じ利用法が可能となっている。さらに、データの書き込み/読み込み速度は Amazon S3と比べて高いパフォーマンスを確保している。また、2019年12月に東京リージョンをNTTコミュニケーションズのデータセンターに開設する予定となっており、日本、アメリカ、オランダのリージョンを、顧客の環境に合わせて柔軟に利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
サービス概要

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック