PR

NVIDIA、5G対応のエッジ向けサーバシリーズ「EGX Edge Supercomputing Platform」を発表

2019年10月24日(木)

 NVIDIAは10月21日、5G対応のエッジコンピューティングサーバ製品群「EGX Edge Supercomputing Platform」を発表した。

 「エッジコンピューティング」は、実際のフィールドに近いところに置かれるサーバ群の総称。スマートフォンや自動車など、ユーザが持つエッジ端末に近いところに置かれるサーバを利用して提供される分散型コンピューティング環境を意味する。5Gでは、その特徴である広帯域、超低遅延という特徴を実現するため、SDN(Software Defined Network)という、汎用サーバ+NFV(Network Function Virtulization)ソフトウェアという組み合わせで実現することが考えられている。

 「EGX Edge Supercomputing Platform」は、以上の考え方の実現を目指して構築されるサーバ製品群となる。Jetson NanoのようなARM CPU+NVIDIA GPUという組み合わせのSoCを搭載した小さなコンピューティングボードから、2ソケットのx86プロセッサ+NVIDIA T4 GPUの組み合わせまで、さまざまなレベルのラインナップが用意される。5G向けのvRANを実現するソフトウェア環境「Aerial」が提供され、日本においてもKDDIやソフトバンクなどが採用する見通しとなっている。

 NVIDIAは、MicrosoftやRedHatなどのベンダーとの協業を明らかにしており、これらの協業を通してシェアの拡大を狙う構え。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス
製品情報

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック