PR

US-CERT、PHPに存在する脆弱性についての注意喚起を発表

2019年11月2日(土)

US-CERTは10月30日(現地時間)、MS-ISACが公開したPHPの脆弱性に関するアドバイザリについて、ユーザに注意喚起を発表した。

MS-ISACの発表によると、今回公表された脆弱性を悪用されると、リモートから不正なコードを実行されたり、システムの制御権が不正に乗っ取られる危険性があるという。この脆弱性が存在するのは以下のバージョン。

〇PHP 7.1系列のうち、「7.1.33よりも前」のバージョン
〇PHP 7.2系列のうち、「7.2.24よりも前」のバージョン
〇PHP 7.3系列のうち、「7.3.11よりも前」のバージョン

該当するバージョンのユーザは、アップデートを施すことが強く推奨される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アドバイザリ

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

US-CERT、PHPに存在する脆弱性についての注意喚起を発表 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。