PR

Microsoft、「Microsoft SQL Server 2019」を提供開始

2019年11月10日(日)

 Microsoftは11月4日、「Microsoft SQL Server 2019」(15.x)を提供開始したと発表した。

 「Microsoft SQL Server 2019」は、コアのSQLエンジンが強化されたほか、ビッグデータへの対応強化、機械学習の組み込みなどで強化が施されている。その他にもUTF-8エンコードのサポート拡充、その他機能の追加および強化、パフォーマンスの向上、高速化、セキュリティの強化などが施されている。また、「SQL Server Maagement Studio 18.4(SSMS 18.4)」「Azure Data Studio」といったツールも併せてリリースされている。

「Microsoft SQL Server 2019」の評価版は「Microsoft Evaluation Center」からダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
製品情報

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック