PR

アプリケーション構築ツール「NativeScript 6.2」リリース

2019年11月13日(水)

NativeScript.orgは11月5日(現地時間)、アプリケーション構築ツール「NativeScript 6.2」をリリースした。

「NativeScript」は、ネイティブのiOS・Androidアプリを作成できるツール。CocoaPodやGradleなどをサポートしており、Microsoft VS Codeの統合、Windows Universalなどもサポートされている。また、既存のUIライブラリも利用できる。さらに、クロスプラットフォームUIの抽出作成など、さまざまな機能が利用できる。

「NativeScript 6.2」では、iOSで多用されるダークモードのサポートが強化されたほか、拡張関数・プロパティでKotlinをサポートするなど、複数の機能強化・変更が加わっている。

「NativeScript 6.2」は、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

アプリケーション構築ツール「NativeScript 6.2」リリース | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。