PR

Amazon Web Service、機械学習のための統合開発環境「Amazon SageMaker Studio」を発表

2019年12月6日(金)

Amazon Web Service(AWS)は12月4日、機械学習のための統合開発環境「Amazon SageMaker Studio」を発表した。AWSが機械学習に特化した初の統合開発環境となる。

「Amazon SageMaker Studio」では、機械学習に必要なすべてのツールを統合している。開発者は、Webベースの視覚的にわかりやすいなインタフェイスを利用してコードを書いたり、実験管理をしたり、データを可視化したりデバッグやモニタリングをすることができる。さらに、機械学習ワークフローのステップはツール内で記録されるため、開発者はステップ間を素早く行き来したり、複製したり、チューニングしたり再現したりすることができる。これにより、、開発者は機械学習ソリューションの作成にかかる時間できるという。

特徴としてはほかに「単一のインタフェイスからビルド、学習、チューニング、デプロイなどの操作が可能」「ノートブック、データセット、コード、設定などにアクセス可能」「機械学習を利用したプロジェクトのすべてを管理可能」「ノートブックや結果を効率よく議論可能」などが挙げられている。

Amazon SageMaker Studio は 2019年12月3日より、オハイオ(US East)リージョンで使用可能。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス
製品情報

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック