PR

TIOBE、2019年の「Language of Year」に「C言語」を選出

2020年1月12日(日)

TIOBE Softwareは、2019年にもっともインデックスを伸ばした「C言語」を2019年の「Lagnuage of Year」として発表した。

インデックス値を伸ばした言語としては、1位がC言語(増加率2.4%)、2位がC#(同2.1%)、3位がPython(同1.4%)、4位がSwift(同0.6%)となっている。

予測としては2019年のLanguage of Yearは、長期増加傾向を見せていた「Python」が有力視されていたが、「C言語」が1位となった。C言語が1位となった要因としては、IoTや小型デバイスでの利用が多いためだという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
TIOBE index

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック