PR

DAL、エンタープライズデータ連携基盤「ACMS Apex 1.4」の販売開始を発表

2020年1月12日(日)

データ・アプリケーション(DAL)は1月10日、エンタープライズデータ連携基盤「ACMS Apex 1.4」の販売開始を発表した。

 「ACMS Apex」は、種々のデータ連携を可能にするEDIソフトウェア。エンタープライズレベルの用途にも対応している。「ACMS Apex 1.4」では、Web APIサーバ機能としてHTTPクライアントからのリクエストに対して結果をレスポンスする機能を実装した。また、Web APIクライアント機能としてSAP社のOData API(Webサービス)に対してHTTPを用いてリクエストを行う機能を、ACMS Apexのアプリケーション機能としてサポートした。さらに、統合管理サーバに障害が起きた場合、代替サーバに自動で切り替わるACMS Apexクラスタ機能において、データを格納する領域であるデータストアを二重化できるようになり、可用性を高めることが可能となった。

 「ACMS Apex 1.4」の価格は、60万円から(基本機能のみの場合の価格)となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック