PR

次期Linuxカーネル「Linux 5.6」において次世代VPNプロトコル「WireGuard」をサポート

2020年2月6日(木)

Linus Torvalds氏は1月29日(現地時間)、現在開発フェーズにある「Linux 5.6」に、メンテナの一人David Miller氏の複数のプルリクエストをマージした。この中には、新しいVPNプロトコル「WireGuard」が含まれている。

「WireGuard」は、シンプルさを特徴としたUDPベースのVPNプロトコル。シンプルで利用方法が簡単でありながら、Noise、Curve25519、BLAKE2など強力な暗号技術をサポートしているという特徴がある。

「WireGuard」は次世代のVPNプロトコルとしての期待も高まっており、次期Linuxカーネル「Linux 5.6」でサポートされた場合、大きなシェアを獲得することも予想される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
WireGuard

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック