PR

Microsoft、深層学習向け最適化技術「DeepSpeed」を発表

2020年2月16日(日)

Microsoftは2月13日(現地時間)、深層学習向け最適化技術「DeepSpeed」を発表した。

 「DeepSpeed」は、深層学習において自然言語モデルのトレーニング効率化を向上させる技術。大規模分散型深層学習向け並列化オプティマイザZeRO(Zero Redundancy Optimizer)を搭載しており、データの並列化に要するリソースを節約できる。「DeepSpeed」を利用することによって、分散型のモデル学習を簡単かつ効果的に実行できるようになり、1000億件にのぼるパラメータモデルにも対応できるようになるとしている。

 「DeepSpeed」は、GitHubから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック