PR

Microsoft、「Visual Studio 2019 v16.5」リリース

2020年3月21日(土)

Microsoftは3月16日(現地時間)、統合開発環境「Visual Studio 2019 v16.5」をリリースした。

「Visual Studio」は、C++、C#、Visual Basic、Pythonなど数多くのプログラミング言語に対応した統合開発環境。Windowsのほか、Linux、iOS、AndroidもターゲットOSとなっている。個人開発者、非営利団体従事者、オープンソース開発者などが利用できる「Community Edition」のほか、「Enterprise Edition」「Professional Edition」が用意されている。

「Visual Studio 2019 v16.5」では、Universal Windows Platform(UWP)に強化が加わっているほか、XAMLエディタ、XAMLデザイナにも複数の強化が加わった。また、安定性の向上も施されるなど、数多くの変更が加わっている。

「Visual Studio 2019 v16.5」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースノート

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック