PR

ラック、テレワークに関するセキュリティ施策をまとめた「気を付けたい、テレワーク時のセキュリティ7つの落とし穴」を発表

2020年3月21日(土)

 ラックは3月18日、テレワークの導入を進める企業向けに、セキュリティ施策をまとめた「気を付けたい、テレワーク時のセキュリティ7つの落とし穴」を発表した。テレワークの推進が急速に増加していることを受けての発表となる。

 テレワークには多くのメリットがあるものの、コンピュータウイルス感染や情報漏えいなどのサイバーセキュリティ上のリスクもある。同社は、テレワークの実例や経験をもとに、セキュリティの有識者によるテレワークにおけるセキュリティの注意点と防御策を整理し、「テレワーク時のセキュリティ7つの落とし穴」としてまとめた。

7つの落とし穴としては以下の表題がついている。
〇ウイルスの入り口対策 ”インターネットに接続しただけでウイルス感染!”
〇ニセの会議招集メール ”その会議は本物ですか?”
〇パソコンののぞき見による情報漏えい ”肩越しの視線に気を付けて”
〇公共の場所でのWeb会議 ”大声で機密を暴露”
〇公共無線LANやクラウドでの共有設定 ”機密ファイルが大公開”
〇ネットワーク機器やパソコンのアップデート ”家のネットが丸見え”
〇ニセの無料無線LAN ”無料のつもりが情報漏えい”

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック