PR

情報処理推進機構、Oracle Javaの脆弱性について注意喚起

2020年10月23日(金)

情報処理推進機構は10月21日、Oracleの提供するJava SEに存在する脆弱性(CVE-2020-14803など)について注意喚起を発表した。この脆弱性を悪用された場合、影響が大きい脆弱性であることがアナウンスされており、同機構は注意を呼び掛けている。

対象となるのは、「Oracle Java SE 15」「Oracle Java SE 11.0.8」「Oracle Java SE 8 Update 261」「Oracle Java SE Embedded 8 Update 261」「Oracle Java SE 7 Update 271」。Oracleから、脆弱性を解消した最新版が公開されているため、ユーザはアップグレードが強く推奨されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック