PR

「Linspire 10.0」リリース

2021年2月15日(月)

PC/OpenSystems LLCは2月8日(現地時間)、Linuxディストリビューション「Linspire 10.0」をリリースした。

「Linspire 10.0」は、デスクトップ向けのLinuxディストリビューション。Ubuntu 20.04 LTSがベースとなっている。Windowsとの高い互換性を目指して開発されていた「Lindows」が前身となっている。

「Linspire」は、カーネルに「Linux 5.8.0-41」、デスクトップ環境に「GNOME 3.36」、Google ChromeおよびThunderbird、LibreOfficeなどが採用されている。また、「Microsoft Powershell」も搭載している。

また、Linspire 10.0独自の機能として、パッケージをワンクリックで追加できる「CNR」を搭載している。CNRを利用すれば、商用パッケージなど20000を超えるソフトウェアをダウンロード・インストールすることができる。

「Linspire 10.0」の価格は29.99ドル(無償の「Freespire」もある)。Linspireは、プロジェクトのWebサイトからダウンロード購入できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース(英語)

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック