PR

オープンソースJava統合開発環境「Apache NetBeans 12.3」リリース

2021年3月16日(火)

Apache NetBeansは3月11日(現地時間)、オープンソースJava統合開発環境「NetBeans 12.3」をリリースした。

NetBeansは、オープンソースのJava統合開発環境(IDE)。NetBeans自体がJavaで実装されており、Java VMを搭載した環境であれば動作可能である。NetBeansは、Javaの開発元であるサン・マイクロシステムズが開発に当たっていたが、2016年にApache Software Foundationに寄贈され、同団体のインキュベーションプロジェクトとして開発が進められており、現在ではTop Level Projectに昇格している。

「Apache NetBeans 12.3」は、長期サポート版(LTS)としてリリースされている「12系列」のポイントリリースとなる。「12.3」では、PHP 8.0のサポートが強化されたほか、「Apache NetBeans Language Server」の機能強化、Gradle Navigatorへのタスクの追加など、さまざまな変更が加わっている。

「Apache NetBeans 12.3」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る