PR

「Python 3.9.5/3.8.10」リリース、「3.10.0 Beta1」も

2021年5月7日(金)

Python Software Foundationは5月3日(現地時間)、オープンソースのスクリプト言語であるPython 3.9/3.8系列の最新版「Python 3.9.5/3.8.10」、およびを次期版のベータ版「3.10.0b1」をリリースした。

「Python」は、UNIX系OS、Mac OS、Windowsで動作するオブジェクト指向のスクリプト言語。Cライクな構文が採用されており、豊富なライブラリが用意されている。

「Python 3.8.10」は、「3.8系列」の最後のメンテナンスリリース。このバージョンをもって「3.8系列」は脆弱性の修正のみが取り込まれる。ユーザには「3.9系列」への移行が推奨される。「Python 3.9.5」では、複数の機能強化および脆弱性の修正などが施されている。「Python 3.10 Beta1」は、正式リリース前の段階にある「Python 3.10」のベータリリース。新機能のテストおよびバグフィックスなど目的で提供されるバージョン。本番環境への導入は非推奨となっている。

「Python 3.9.5/3.8.10」は、Webサイトから無償でダウンロード・入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック