PR

メッセージングアプリ「Telegram Desktop 2.7.2」リリース、Stripeなどの決済サービスが統合

2021年5月11日(火)

 telegram.orgは4月26日(現地時間)、「Telegram Desktop 2.7.2」をリリースした。

 「Telegram」は、ロシア発祥の無償メッセージングアプリケーション。現在の開発拠点はドバイ。「Telegram」はクラウドベースでありながら、セキュリティとプライバシーを重視している点が特徴。クラウドベースであるため、複数の環境でメッセージを同期することができる。APIを利用したBOTとの連携も可能。対応OSはWindows、Mac OS X、Linux、iOS、Android。

 「Telegram Desktop 2.7.2」では、「Stripe」などの9つの決済サービスが統合され、シームレスな支払いができるようになった。なお、Telegramでは、BOTを介した商品の売買をサポートしており、今回の統合はこの機能とセットで利用する。また、ボイスチャットのスケジュールを設定し、参加者に事前に通知する機能が搭載されるなど、いくつかの機能追加、不具合の修正が施されている。
 
 「Telegram Desktop 2.7.2」はWebサイトから無償で入手できる。
 

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック