PR

Microsoft、クラウド向け「Windows 365」を発表

2021年7月15日(木)

Microsoftは7月14日(現地時間)、デスクトップ仮想化技術を利用して、クラウドからWindows環境を配信する「Windows 365」を発表した。

「Windows 365」は、Microsoft Azureのデスクトップ仮想化サービスである「Azure Virtual Desktop」をベースにしたサービス。「Windows 365」は、「Windows 10」もしくはリリース予定の「Windows 11」のデスクトップ環境をクラウドから提供するサービス。MacOS、iPad、Linux、Androidなどに対応し、専用のアプリケーションおよびWebブラウザから利用可能となるという。クラウドから提供されるという特性を生かし、デバイスを変えても、変える直前の作業画面がそのまま再現され、すぐに作業の続きに取りかかることができるようになる。

料金は月額料金制となる。サービス開始は8月2日の予定で、料金もそのタイミングで公開される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Windows 365

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック