PR

キヤノンITS、クラウド型テレワーク支援サービス「テレワークサポーター」の新バージョンを提供開始、マスク着用でも顔認証が可能に

2021年7月15日(木)

キヤノンITソリューションズは7月5日、マスクなどで顔の一部が隠れた状態でも常時本人認証を可能とし、顔認証の精度を向上させたクラウド型テレワーク支援サービス「テレワークサポーター」の新バージョンを提供開始すると発表した。

「テレワークサポーター」は、キヤノンの顔認証技術により、勤務者以外の第三者によるパソコン画面の「のぞき込み」や「なりすまし」を検出し、情報漏洩リスクを抑止するとともに、テレワークの勤務時間を可視化するクラウド型テレワーク支援サービス。新バージョンでは、精度と高速性を最適化した新しい機械学習の手法により、認証精度が向上しており、マスクなどで顔の一部が隠れた状態や、サブモニターの作業で横を向いた状態、逆光の状態でも顔認証が可能となったという。

「テレワークサポーター」は、5ユーザ年間ライセンスの初期費用が20,000円、利用料が120,000円となっている。トライアルも提供される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
製品情報

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック