PR

Linux Foundation、日本語に対応したKubernetersおよびクラウドセキュリティに関する認定試験を提供開始

2021年7月17日(土)

Linux Foundationは7月15日、日本語に対応したKubernetersおよびクラウドセキュリティに関する認定試験「認定Kubernetesセキュリティスペシャリスト (CKS-JP)」の提供を開始した。

「認定Kubernetesセキュリティスペシャリスト」は、Cloud Native Computing Foundation (CNCF)と共同で提供する高度なセキュリティスペシャリスト認定試験 Certified Kubernetes Security Specialist (CKS) の日本語版。オンラインで提供され、実技試験形式を取る。コンテナベースのアプリケーションとKubernetesプラットフォームのビルド、デプロイ、ランタイム時のセキュリティを確保するスキルをテストする。受験資格として、認定Kubernetes管理者 (CKA-JP) を取得していることが条件となる。

試験はオンラインで実施する実技試験で、Kubernetesを実行するコマンドラインから複数のタスクを解く必要がある。本試験を含むKubernetes認定試験の登録者は、実際の試験を受ける前に試験環境を体験できる試験シミュレーター (Killer.sh) が利用できる。また、試験には無料再受験保証が含まれる(不合格の場合に1度まで無料で再受験可) 。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック