PR

Google、Android向けのオンデバイス用機械学習(ML)プラットフォームを発表

2021年7月19日(月)

Googleは7月9日(現地時間)、Android向けの新しいオンデバイス用機械学習(ML)プラットフォームを発表した。

 今回開発されたAndroid向け機械学習プラットフォームは、従来の機械学習プラットフォームに存在する問題の解決を目指して構築され、機械学習用のプラットフォーム。Google Playを備えたすべてのデバイスで利用できるとしている。このプラットフォームを利用すると、開発者はアプリにランタイムを含める必要がなくなるためアプリサイズの縮小が可能になり、これを利用したアプリケーションでは最新の機械学習が利用できるようになる。

 今回発表された機能のいくつかは開発中となっているが、「TensorFlow Lite for Android」の早期アクセスプログラムが提供されている。

ケータイ Watch,浅井 淳志

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック