PR

ASUSが自社のマザーボードをWindows 11に対応させる取り組みを発表

2021年8月11日(水)

 ASUSは8月10日、同社製のマザーボードをWindows 11に対応させる取り組みを発表した。

 今回の取り組みでは、これまでにASUSが提供してきたマザーボードをBIOSレベルでWindows 11に対応させる。ユーザは、最新のBIOSへアップデートする、もしくはUEFI BIOSを手動で操作しWindows 11のサポートを有効化する方法のいずれかによってマザーボードをWindows 11に対応させることができるようになるという。

 既存のマザーボードのうちいくつかはテスト段階となっているが、それ以外のモデルは最新のBIOSへアップデートするパスが用意されている。ただし、Windows 11は現時点では開発中となっており、現状では実用は推奨されない。また、BIOSのアップグレードもリスクを伴うため、リスクの存在を十分に理解した上で作業を行う必要がある。また、今後Windows 11の開発の進行に伴い、状況が変更になる可能性もあるとしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る