PR

プログラミング言語「Rust」、言語サーバ「Rust Language Server」の廃止および「rust-analyzer」の導入を発表

2022年7月6日(水)

 Rust.orgは7月1日(現地時間)、従来の言語サーバ「Rust Language Server(RLS)」の廃止、および新しい「rust-analyzer」の導入を発表した。

 「RLS」は、言語サーバプロトコルの実装であり、コードチェックなどを担っている。RLSには複数の制限が存在し、低遅延の応答が実現しづらくなっていたことから、今回廃止に至った。

 今後「RLS」は非推奨となり、将来リリースされる「Rust 1.65」から「RLS」は提供されなくなるため、ユーザは「rust-analyzer」への移行が求められる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る