PR

「Fedora 23」リリース

2015年11月5日(木)

The Fedora Projectは11月3日(現地時間)、Linuxディストリビューション「Fedora 23」を正式リリースした。従来通り、用途に合わせた3つのエディション「Fedora Cloud」、「Fedora Server」、「Fedora Workstation」が提供されているほか、デスクトップ環境に「Cinnamon」を採用した「Fedora Cinnamon」も提供開始された。

「Fedora 23」では、デスクトップ環境に「GNOME 3.18」が採用され、Google Driveとの連携などの新機能に対応した。また、ディスプレイサーバ「Wayland」がサポート強化されたほか、「Unicode 8.0」もサポートされた。開発環境はPython 3/Perl 5.2.2/Mono 4.0など各言語が新しいバージョンに対応しており、EclipseやGCCなど開発ツールも最新のものとなっている。

Fedora 23のイメージは、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースノート

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています