PR

Microsoft、コードエディタ「Visual Studio Code」をオープンソース化

2015年11月20日(金)

Microsoftは11月19日(現地時間)、コードエディタ「Visual Studio Code」のオープンソース化を発表した。

「Visual Studio Code」は、Windows、Mac OS、Linuxで動作する軽量のコードエディタ。、Gitによるソース管理機能をサポートしており、デバッグなどの機能も備えている。数多くの拡張機能も用意されている。

また、「Visual Studio Code」のオープンソース化と同時に、「ASP.NET 5」と「.NET Core」のリリース候補版もリリースされた。2016年初旬に正式リリースの見込みとなっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Visual Studio Code
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る