PR

Oracle、「Java 8 Update 71」リリース

2016年1月24日(日)

Oracleは1月19日(現地時間)、「Java 8 Update 71」をリリースした。

同リリースは定例アップデートの一環であり、8件の脆弱性が修正されている。この脆弱性の中には、リモートから認証なしで悪用される可能性があるものも含まれている。また、他にも複数の不具合修正や、タイムゾーンデータのアップデートなどが施されており、ユーザは早急なアップデートが必要となる。

なお、今回のアップデートに伴ってインストーラも更新されており、このインストーラを利用するとシステムに存在している古いバージョンのJava SEが自動的に削除される機能が追加されているため、java.comから最新のインストーラを入手した上でアップデートを行うことが推奨されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る