PR

キヤノンITS、保存データの暗号化を利用者に意識させずに実現する暗号化ソリューションを発表

2016年1月26日(火)

キヤノンITSは1月21日、保存データの暗号化を利用者に意識させずに実現するエンタープライズ向け暗号化ソリューション「Vormetric Data Security Platform」を発売開始した。

「Vormetric Data Security Platform」は、保護する対象(ファイルサーバ、アプリケーションサーバ、クラウドなど)にエージェントを導入することによって、エンドユーザに手間をかけず導入でき、また暗号化を意識させることなく運用できる。なお、クライアントPCにはエージェントなどのインストールは必要ない。認証機能(Active Directory やLDAP)と連動しているためパスワード管理も不要で、暗号鍵アプライアンスが鍵管理を実施し、暗号化処理に手間をかけず迅速なデータ保護が可能になる。

また、ファイルサーバのファイル・フォルダ、データベース領域、アプリケーションサーバを通じたデータ保管、クラウドへのデータ保管など、それぞれの環境にあった暗号化や、データ保管の際にトークン化など用途に合わせた暗号対策が一元的に実現できる。PCI DSSの暗号化要件のへの対応や医療業界の電子商取引基準のHIPPA法・HITECH法のプライバシーおよびセキュリティ要件への対応、マイナンバー法など、さまざまな規定やガイドラインに対応するという。

価格はオープンとなっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

キヤノンITS、保存データの暗号化を利用者に意識させずに実現する暗号化ソリューションを発表 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。