PR

Opera、VPN接続機能を開発版に搭載

2016年4月26日(火)

Opera Softwareは4月20日(現地時間)、VPN接続機能を搭載したWebブラウザ「Opera」の開発版をリリースした。

VPN接続機能は、ブラウザからのアクセスに適用できる機能であり、IPアドレスを付け替えることもできるため、特定のIPアドレスからしかアクセスできないWebサイトにアクセスすることなどができるようになり、たとえばファイアウォールで隔離されたWebサイトなどにもアクセスできる。VPN接続機能は無償で利用できる。

今回のリリースは開発版であり、VPN接続機能を持つ正式版の提供は2016年後半の予定となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る