PR

「GNU Make 4.2」リリース

2016年5月24日(火)

GNU Make development teamは5月22日(現地時間)、「GNU Make 4.2」をリリースした。

GNU Makeは、プログラムコードをコンパイルする際、再コンパイルが必要な部分を判別し、その部分を再コンパイルし、有効にするコマンドを実行できるツール。カーネルのコンパイルほか、数多くのプログラムで利用されている。

「GNU Make 4.2」では、新しい変数$(.SHELLSTATUS)が利用できるようになったほか、エラーメッセージにおける行番号の表記方法が変更になった。また、「–jobserver-fds」オプションが「–jobserver-auth」に変更されている。

「GNU Make 4.2」は、Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

「GNU Make 4.2」リリース | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。