PR

アプリケーション・UIフレームワーク「Qt 5.7」リリース、ライセンス形態が大幅に変更に

2016年6月19日(日)

Digiaは6月16日(現地時間)、アプリケーション・UIフレームワーク「Qt 5.7」をリリースした。

Qtは、C++言語で実装されたアプリケーション・ユーザインタフェースフレームワーク。X Window Systemで利用されるGUIツールキットなどの用途で広く利用されているのみならず、GUI以外のアプリケーションでも利用されている。

「Qt 5.7」では、ライセンス形態が大幅に変更されており、フレームワークやライブラリはLGPLv3、ツールはGPLv3での公開となる。今回のライセンス変更によって、従来は商用版でのみ提供されていた「Qt for Application Development」のほとんどの要素がオープンソース版でも提供されるようになる(現時点では「Qt Quick Compiler」などの例外もある)。

「Qt 5.7」は、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック