PR

TIS、OSSの活用を支援する「OSSマイグレーションサービス」の提供を開始

2013年1月23日(水)

TISは1月21日、企業のOSS活用を支援する「OSSマイグレーションサービス」を提供開始することを発表した。

「OSSマイグレーションサービス」は、処理性能が向上し、今後の普及が期待されるオブジェクトリレーショナルデータベース管理システム(ORDBMS)「PostgreSQL」を中心としたOSS活用にむけ、アセスメントからコンサルティング、新プラットフォーム構築、システム移行、その後の保守サポートまでをワンストップで提供するサービス。

TISでは、エンタープライズ領域のミッションクリティカルなシステムへのOSS適用を目指して、その活用に関するノウハウをソフトウェアスタック(推奨構成群)「ISHIGAKI Template(イシガキ テンプレート)」として体系化し、独自の実証検証に基づいて蓄積してきた。「OSSマイグレーションサービス」では、こうしたノウハウと独立系SIerとして特定ベンダーに依存しない提案力/コーディネート力を組み合わせ、企業のOSS活用を支援する。

対象のOSSは「PostgreSQL」を中心に、基本的なミドルウェアである「Apache」や「JBoss」から、高度な運用を実現するための「DRBD」や「Hinemos」などをカバーする。

本サービスでは、野村総合研究所のOSSサポートサービス「OpenStandia(オープンスタンディア)」を活用した保守体制により、移行後も安心してOSSを利用できるサポート体制を整えている。



Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック